ホームページをアップするサーバー

レンタルサーバーとは?

ホームページを作成すると、それをアップする場所が、レンタルサーバーとなります。

一般的には、html形式のファイルを専用ソフトで作り、それをサーバーに上げるしくみです。

イメージしにくいと思いますが、24時間稼働している高性能なコンピューターを ホームページを表示させるのに、わざわざ借りないといけないと考えるとよいと思います。

レンタル・サーバーの中には、WORDPRESSやMOVABLETYPEが使用できるようなものがあります。

逆にいえば、最初からWORDPRESSなどが使える機能がないサーバーを借りると、使えないことになります ので、注意が必要です。

サポートを優先しサーバーを選ぶ

当サイトでは、「ホームページ作成初心者の方は、電話でサポート可能なサーバーを選ぶのが失敗 しにくいとお勧めしております。

近年コスト削減目的などで、メール等だけのサポートというものが少なくないのですが、メールなどの文章 は、パソコン操作に不慣れであったり、キーの入力が増えたりするので、不利となります。

元々専門知識が乏しい状態にある人が質問したくても、適格にやりたいことが上手く伝わらないことも 少なくないようです。

ビジネスは時間が重要ですので、電話でやり取りする方が即日動けて、結局は得するとお考えください。

WORDPRESSの簡単インストール

いわゆるほんとのホームページの作成は、html知識が必要となりますので、初心者にはむずかしいと思います。

当ウェブサイトでは、「専門知識がなくても使用しやすいWORDPRESSの簡単インストール機能がついた サーバーをお勧めしております。

簡単インストール機能があるということは、ボタンを押せばサーバーにWORDPRESSなどが自動でインストール できたりするので、簡単に作業ができるからです。

簡単インストール機能が付いていないと、FFFTPソフトなどで、すべてあなた自身の手で、プログラムなどを サーバーにアップしないといけなくなります。意外とこの作業は面倒くさいです。

  1. 少しくらい高くても、電話サポートのあるサーバーを優先する。
  2. WORDPRESS簡単インストール機能などを優先する。
  3. WORDPRESSは、サーバー側が対応していて、はじめて使える。

サーバー選びで、電話サポートを優先する理由

ホームページを作りたいと考えた時に、まずサーバーを借りないといけなくなります。でも、サーバーは 微妙に設定が各社違っていたりしますので、意外とてこづることがあります。

一般的にホームページに必ずあるような【問い合わせメールフォーム】などは、htmlではなくて、cgiというものを 使用しますが、サーバーによって設定のやり方が微妙に違っていたりします。

ある程度慣れた経験者であれば、ネット等でいろいろと自分で調べたりすることができると思いますが、 元々不慣れな初心者には、手に負えない事も少なくないものです。

でも、電話で質問すると、管理パネルの画面を見ながら説明してくれたりしますので、初心者でもわかりやすいと 思います。

WORDPRESSに多い503エラー

世界的に人気が右肩上がりのWORDPRESSですが、動的ファイルの為に、503エラーが多発しやすいという 構造上の問題もございます。

いわゆるほんとのホームページというのは、先に表示させるデーターを1ページに1個ずつ作成し、それを呼び出す形で インターネットで表示させています。

動的ファイル形式の場合には、呼び出しを受けてから、データーを並べるようなものですので、呼び出される都度 プログラムが動作するわけですので、サーバーにプログラムの命令が多発することになります。

そうすると、アクセス数が集中したりすると、サーバーに強い負荷がかかってしまいますので、それを防ぐ目的で、 ブラウザには、「503エラー」という処理できないという意味のメッセージが表示されたりします。

高性能なサーバーが必須のWORDPRESS

いわゆるほんとのホームページというものは、htmlファイルで作っているので、呼び出すと表示されるまでの時間が早いと いう特徴があります。

WORDPRESSの場合は、PHPプログラムが動作する分だけ、サーバーにより高性能なものを要求します。

それだけではなくて、WORDPRESSは、プラグインという追加で無料プログラムを追加し、SEO対策をするのです が、このプラグインを複数使用しますと、更にサーバーに負荷がかかってしまいます。

商用HPは、高性能なサーバーを使用する

当ウェブサイトは、事業者向けのホームページ作成には、少しくらい高くても、高性能なサーバーを使用することをお勧め しております。

専門知識のない人でも使えるWORDPRESSですが、高性能なサーバーでないと、負荷がかかり503エラーという 表示が多発される傾向にございます。

芸能人などの公式HPなどが、ワイドショーなどでなにか報道されると、それから数日間503エラーとだけ表示されたりする ことがあるように、まったくホームページが見れなくなることもあります。

商用目的のホームページの場合、なにか雑誌で紹介されたりとかのきっかけで、この503エラーなどが出てしまいますと、 まずビジネスでの売上等のチャンスを逃しますよね?

アクセスの集中する時間帯だけこの503エラーが発生しますと、アクセス解析などをしていないと、ホームページの管理者が 気づいていないということもよくあります。

ホームページ作成方法

独自ドメイン

レンタルサーバー

ホームページテンプレート

バックリンク

ホームページ制作サービス